講習会案内

ホーム > 講習会案内 > 建築物石綿含有建材調査者講習

一覧に戻る

建築物石綿含有建材調査者講習

受付開始時間の変更について

当初、受付開始時間を受付日の0:00~としておりましたが、混乱も多く皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

 AM9:00~と変更いたします。

当面の間、感染防止対策のため募集定員を減らし、北陸三県以外からのご受講をお断りさせていただきます。

1. 日程 


2022年度(令和4年度)

(1)講習日程、定員及び受付開始日  (※定員になり次第受付を終了します。※受付開始日より前には受付いたしません。

 ①建築物石綿含有建材調査者講習(一般)

開催日
講習時間
定員
受付開始日
第1回
 6月7日(火)~6月8日(水)
1日目:8:50~16:30
2日目:8:50~17:00
(修了考査は2日目
15:30~17:00)
50名
 5月9日(月) 受付終了
第2回
 9月28日(水)~9月29日(木)
50名
 8月29日(月)受付終了
追加
 11月29日(火)~11月30日(水)
50名
 10月24日(月)
第3回  12月7日(水)~12月8日(木) 50名
 11月7日(月)
第4回
 2023年3月9日(木)~3月10日(金)
50名
  2月6日(月)

 ②建築物石綿含有建材調査者講習(一戸建て等)

 ※ 今年度は実施しません

(2)講習科目及び時間

①建築物石綿含有建材調査者講習(一般)
科目1 建築物石綿含有建材調査に関する基礎知識1※ (1時間)
科目2 建築物石綿含有建材調査に関する基礎知識2  (1時間)
科目3 石綿含有建材の建築図面調査         (4時間)
科目4 現地調査の実際と留意点           (4時間)
科目5 建築物石綿含有建材調査報告書の作成     (1時間)
(合計 11時間)
修了考査             (1.5時間)
※石綿作業主任者技能講習修了者は、「科目1 建築物石綿含有建材調査に関する基礎知識1」が免除。

2.講習場所

金沢市弥生2丁目1-23 「石川県建設総合センター」

※会場は当日1Fエレベーター前案内板にてご確認下さい。
※駐車場には限りがありますので、車で来所される場合はできるだけ乗り合わせでお越し下さい。

3.受講資格及び添付書類等

受  講  資  格
添付書類等
(1)
労働安全衛生法別表第18第23号に掲げる石綿作業主任者技能講習修了者
修了証の写し
(2)
学校教育法による大学(短期大学を除く。)において、建築に関する正規の課程又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、建築に関して2年以上の実務の経験を有する者
卒業証書写し又は卒業証明書
及び
実務経験証明A
(3)
学校教育法による短期大学(修業年限が3年であるものに限り、同法による専門職大学の3年の前期課程を含む。)において、建築に関する正規の課程又はこれに相当する課程(夜間において授業を行うものを除く。)を修めて卒業した後(同法による専門職大学の前期課程にあっては、修了した後。(4)において同じ。)、建築に関して3年以上の実務の経験を有する者
(4)
学校教育法による短期大学(同法による専門職大学の前期課程を含む。)又は高等専門学校において、建築に関する正規の課程又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、建築に関して4年以上の実務の経験を有する者((3)に該当する者を除く。)
(5)
学校教育法による高等学校又は中等教育学校において、建築に関する正規の課程又はこれに相当する課程を修めて卒業した後、建築に関して7年以上の実務経験を有する者
(6)
建築に関して11年以上の実務の経験を有する者
実務経験証明B
(7)
労働安全衛生法等の一部を改正する法律(平成17年法律第108号)による改正前の労働安全衛生法別表第18第22号に掲げる特定化学物質等作業主任者技能講習を修了した者で、建築物石綿含有建材調査に関して5年以上の実務を有する者
左記に示す技能講習修了証写し
及び実務経験証明C
(8)
建築行政に関して2年以上の実務の経験を有する者
実務経験証明D
(9)
環境行政(石綿の飛散の防止に関するものに限る。)に関して2年以上の実務経験を有する者
(10)
労働安全衛生法第93条第1項の産業安全専門官若しくは労働衛生専門官又は同項の産業安全専門官若しくは労働衛生専門官であった者
実務経験証明E
(11)
労働基準監督官として2年以上その職務に従事した経験を有する者
実務経験証明D
(12)
第一種作業環境測定士又は第二種作業環境測定士であって、建築物石綿含有建材調査に関して5年以上の実務経験を有する者
作業環境測定士登録証写し
及び実務経験証明C

※実務経験証明A~Dは、申込書の裏面にあります。

4. 受講料及びテキスト代   

講習種別 受講者種別 受講料(税込み) テキスト代(税込み)
建築物石綿含有建材調査者講習(一般) 全科目受講 40,000円 4,630円
科目1免除者 38,000円

科目1免除対象者でも全科目受講することは可能です。その場合は全科目分の受講料を納入ください。

使用テキスト
①建築物石綿含有建材調査者講習(一般)
「石綿含有建材調査者講習テキスト」 (建設業労働災害防止協会)       4,630円

※下記の受講者については金沢分会でテキスト代を助成できる場合がありますので、事務局に確認して下さい。
・建災防金沢分会会員事業場に雇用される受講者
・建災防金沢分会会員事業場から工事を下請施行している非会員事業場に雇用される受講者
(この場合、受講申込書に元請事業場の記名、押印が必要です)

5.申込要領 

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、窓口での受付は当面の間実施しませんのでご了承ください。
①申込書に必要事項を記入し、FAX (076)244-7265 でお申込ください。
(受付開始日のAM9:00~受付しています
②お申込FAX受領後、定員に入った方のみご連絡をします。

 ※受付日より3日経ってもご連絡がない場合は、定員に入らなかったという事ですのでご了承ください。
③定員に入った方は、申込書に下記の書類を添えて郵送し、すみやかに受講料・テキスト代の振込をお願いします。
④受講料等の入金確認後、受講票を送付します。
≪申込書添付書類≫
「受講資格及び添付書類等」に示す添付書類のほかに、次のものをお願いします。
写真2枚 3㎝×2.4㎝申請6カ月以内撮影、上3分身、正面、脱帽、背景無地
1枚を申込書に貼付し、1枚は裏面に氏名を記入して下さい
封筒(定形) 修了考査合格者には「講習修了証」を、不合格者には「受講証明書」を交付しますので、その送付に使用します。
切手404円(簡易書留用郵便料金)を貼付し、宛先を記入して下さい
※講習修了証明書等を建災防まで取りに来られる場合は不要です

・講習日の7日前以後の取消しについては、理由の如何にかかわらず受講料等は返還できません。
・記入していただいた氏名、生年月日等は、この講習の事業以外では一切使用いたしません。

【送付先】 建設業労働災害防止協会石川支部
〒921-8036 金沢市弥生2-1-23石川県建設総合センター6F

【振込先】(手数料は申込者負担)

北国銀行香林坊支店
普通№.088224 / 口座名: 建設業労働災害防止協会石川支部

6.修了証の交付

講習修了後に修了考査(筆記試験)を行い、合格者には「講習修了証」を、不合格者には「受講証明書」を交付します。
不合格の場合は、講義修了年度の翌々年度まで再受験が可能です。詳細は交付した「受講証明書」をご確認いただき、再試験の手続きをしてください。
所定講習時間受講できなかった者は、修了考査(筆記試験)の受験資格者と認めません。

7.修了考査再受験について

 再試験の日のみを設けることは行いません。
建築物石綿含有建材調査者講習(一般)の再受験は、本年度、翌年度又は翌々年度の一般の講習の2日目の修了考査を受験してください。
建築物石綿含有建材調査者講習(一戸建て等)の再受験は、翌年度又は翌々年度の一戸建ての講習の2日目の修了考査を受験していただくことが基本ですが、
一般の講習の2日目の修了考査の時間に一戸建ての再試験を受験することも可能です。

8.注意事項

・CPDS申請希望者は、申込書のCPDS希望『有』に〇印を付けて下さい。
また、当日CPDS技術者証または運転免許証等顔写真付きの書類を持参して下さい。

・建築士会CPD申請希望者は、申込書のCPD希望『有』に〇印を付け、CPD番号を記載して下さい。
CPDは事前に申請が必要なため、お早目にお知らせ下さい。

9.修了考査合格基準及び過去問題例

こちらをご覧ください。

  ※石川労働局登録番号:第2号 登録満了日:2026年6月15日

ページのトップへ戻る