講習会案内

ホーム > 講習会案内 > 低圧電気取扱作業従事者特別教育

一覧に戻る

低圧電気取扱作業従事者特別教育

当面の間、感染防止対策のため募集定員を減らし、北陸三県以外からのご受講をお断りさせていただきます。

1.日程

2021年度

 

学科

実技

講習時間

定員

受付開始日

第1回

 8月5日(木) 

 8月6日(金)

 

9:00~17:10

 

 

30名

 

 7月5日(月)受付終了

第2回

 2022年1月12日(水)

 2021年1月13日(木)

 12月6日(月)

 

※学科・実技どちらか一方のみでも受講いただけます。
※定員に達し次第締め切ります。

2.場所

金沢市弥生2丁目1-23 「石川県建設総合センター」

 ※会場は当日1Fエレベーター前案内板にてご確認下さい。

 ※駐車場には限りがありますので、車で来所される場合はできるだけ乗り合わせでお越し下さい。

3.受講対象者

低圧の充電電路の敷設若しくは修理の業務又は配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路のうち充電部分が露出している開閉器の操作の業務に従事する労働者

注)低圧とは直流にあっては750ボルト以下、交流にあっては600ボルト以下である電圧をいう。
 また対地電圧が50ボルト以下であるもの及び電信用のもの電話用のもの等で感電による危害を生ずるおそれのないものを除く。

4.教育科目及び時間数

 【学科】7時間

低圧の電気に関する基礎知識

1時間

低圧の電気設備に関する基礎知識

2時間

低圧用の安全作業用具に関する基礎知識

1時間

低圧の活線作業及び活線近接作業の方法

2時間

関係法令

1時間

【実技】7時間

低圧の活線作業及び活線近接作業の方法 7時間

5.受講料

  学科 受講料/9,200円、テキスト代/1,050円(税込)
  実技 受講料/11,700円、 実技テキスト代/2,000円(税込)

 

 ※下記の受講者については金沢分会でテキスト代を助成できる場合がありますので、事務局に確認して下さい。

  1. 建災防金沢分会会員事業場に雇用される受講者
  2. 建災防金沢分会会員事業場から工事を下請施行している非会員事業場に雇用される受講者
    (この場合、受講申込書に元請事業場の記名、押印が必要です)

 

 【受講料等の振込先】(手数料申込者負担)

    北国銀行香林坊支店
    普通No.088224 / 口座名:建設業労働災害防止協会石川支部

6. 申込要領

申込書に必要事項を記入し、FAX(持参可)でお申込みください。

(※定員に達した場合、受付に漏れた方のみご連絡を差し上げます。)

申込み後、すみやかに受講料、テキスト代等の入金をお願いします。

入金確認後、受講票を送付します。

講習日の7日前以後の取り消しについては、理由の如何にかかわらず受講料の返還はできません。

7.実施証明

本教育修了者には「安全衛生教育手帳」に実施証明をします。

「安全衛生教育手帳」を持っている方は、当日持参して下さい。(写真貼付けのこと)

新しく手帳を作られる方は、証明写真3.5cm×2.5cm(裏面に受講番号・氏名を記入)1枚を当日持参して下さい。

8. その他

・実技の講習当日は作業着等実技可能な服装(長袖)、安全靴でお越し下さい。
        ※電気用保護帽、低圧用絶縁手袋等はこちらで準備いたします。

 

・CPDS申請希望者は、申込書備考欄に「CPDS」と記載し、本人確認の必要があるため、当日CPDS技術者証を持参してください。

・建築士会CPD申請希望者は、申込書備考欄に「CPD・番号」を記載してください。
 CPDは事前に申請が必要なため、お早目にお知らせ下さい。

・学科・実技両方を受講される場合は、労働局の人材開発支援助成金の対象となります。
 申請される場合は申込書の人材開発支援助成金支給申請の『有』に〇をつけて下さい。
 講習修了後、証明書等をお渡しいたしますので、必要な書類を揃えて石川労働局職業安定部職業対策課に提出して下さい。
 支給要件については、石川労働局にお尋ね下さい。
  助成金の申請方法について

 

ページのトップへ戻る